愛知県高校入試情報-多聞塾(豊田市)

[%article_date_notime_dot%] [%new:New%]

[%title%]

HOME | 愛知県公立高校入試 推薦入試

1.

愛知県の公立高校の推薦枠は例年、
普通科で定員の10%程度から15%程度、
総合学科・専門学科で30%程度から45%程度
とされています。
 
総合学科・専門学科の場合、
実際には定員の50%を合格させるところもあり、
枠が広いですので、
推薦志願者数が少ない高校の場合、
志願者全員が合格するところもあります。
そこを狙って受験する人もいます。
 
ただし、
以前の入試制度(平成28年度入試まで)は
推薦受験校と一般入試第一志望校は別の高校にすることが可能でしたので、
一般入試では学力的に届かない学校でも推薦でチャレンジすることができましたが、
制度の変更に伴い(平成29年度入試から)、
推薦受験校が一般入試第一志望校になりました。
そのため、この方法の有効性は以前ほど強くないかもしれません。
 
 
※ 新しい入試制度では、推薦受験校が一般入試第一志望校になります。
※ 一般入試第二志望校は必ずしも受験する必要はありません。
 

2.

推薦入試での合否は、推薦書・調査書や面接などの結果で判断され、
学力検査の成績は用いないとされています。
 

3.

過去の推薦の志願者数と合格者数は
こちらのページの資料から確認することができます。
  

4.

秋以降になると、各高校のホームページに「推薦基準」が掲載されます。
特に「人物」のところと
「本校の推薦選抜において特に重視すること」には
それぞれの高校によって異なります。
また、「学力推薦」は行わないと書いてある高校もあります。
 

5. 

下記には愛知県公立高校入試の推薦~一般入試の流れを記します。
 


6.

愛知県公立高校入試の実施要項には
推薦入試について下記のような記載があります。
 



令和2年度実施要項(本文編)14ページより
 
7. 
愛知県教育委員会の「 入学者選抜に関するQ&A」には
推薦入試に関し下記のような記載があります。

 
8.
次の記事もご覧ください。

いつの内申か