愛知県高校入試情報-多聞塾(豊田市)

[%article_date_notime_dot%] [%new:New%]

[%title%]

HOME | 公立高校が1校しか受験できなくなるというウワサについて(2019年版)

公立高校が1校しか受験できなくなるというウワサについて(2019年版)

 
私は仕事柄、いろいろな中学生の保護者とお話をする機会があるため、
「うちの子たちの学年(中2)から、
ついに複合選抜が廃止になって1校しか受験できなくなるとママ友が言っていました」と
耳にすることがしばしばありますが、
このウワサは間違っています
 
私は近年、年に1回のペースで愛知県教育委員会高等学校教育課を訪れ
公立高校入試についていろいろお話を聞いています。
 
今年(2019年)の6月にお話を聞きに行った際にも、
「公立高校が1校しか受験できなくなるウワサ」についての話題になりましたが、
現在、大きな制度変更の予定はない、とのことでした。
 
愛知県の公立高校入試を担当する方のご説明ですので、
当面、2校受験できる複合選抜が維持されることは間違いありません。
 
また、愛知県公立高校の受験生は4~5万人もいて影響が大きいため、
変更する場合はそれなりの周知期間を設けてから行うので、
急に(例えば来年から)変更することはない、とのことでした。
愛知県の教育委員会には、
このウワサについてしばしば問い合わせがあるようです。
その度に業務が滞ってしまうそうで、お気の毒です。
 
なお、愛知県の公立高校入試についての変更点(定員の増減など)は
愛知県庁や教育委員会のプレスリリースから公式に発表されます。

愛知県庁 記者発表資料
教育委員会プレスリリース